アファメーションについて語るこのブログ記事に対して私はオチをつけない。

アファメーションについて語るこのブログ記事に対して私はオチをつけない。

アファメーションという言葉をご存知でしょうか?

 

アファメーションとは英語の affirmation であり、肯定・断言・確言などの意味があります。非常にポジティブな単語ですよね。

 

その意味から「発した言葉を引き寄せの法則で潜在意識に働きかけ、その言葉を現実化していく自己啓発」という考え方の呼称となります。

 

私はこのアファメーションという考え方がとても好きなのですが、アファメーションの意味を丁寧に説明すると宗教的な雰囲気を感じさせる説明になりがちなんですよね。私が説明下手なだけかも知れませんが。

 

勿論実際は全く関係ありませんが、自己啓発や潜在意識という単語はある種リスキーな響きに思わせる場合もある為、説明の際はTPOのわきまえが必須となります。

 

とは言え長々と説明しても解り難さも出てきてしまうので、私なりに極力シンプルに説明をするならば

 

 

海賊王に、俺はなる!

 

 

となります。ええ、某麦わらさんです。海賊王になりたいではなく、海賊王になると決めてしまうのです。これがアファメーションです。他の例で言えば

 

 

なりたい自分になる。

 

 

というフレーズですね。CMで聞いたような気がするのですが正確なソースは思い出せません。こちらも完全にアファメーションです。綺麗になれたらいいなとかでなく、「希望を叶える」と断言する事に意味があります。

 

 

つまり先にゴールを決めてしまってからルート(プロセス)を考える。ゴールが決まっていればルートも限定される。凄くシンプルで合理的です。

 

 

例えば「お金持ちになりたい!」という言葉もよく耳にしますが、あまりにも漠然としていてそれでは非常にプロセスが見えにくい。

 

 

逆に「お金持ちになる!」と言ってしまえばゴールから逆算し、5W1Hに則りプロセスを組み立てればいいだけです。

 

 

勿論その際に無理難題なゴールの設定であれば(この場合はお金持ちの具体的定義の適正さ)、プロセスで破綻する為アファメーションの練り直しとなりますが、逆にプロセスを組む事が出来ればゴールは見えるとも言えます。

 

 

どんな事でもいいんです。ただどうせ何かを思うなら望む事に留まらずに手に入れる前提で考えた方がいい。意欲も湧くし、目標が明確にあると人生が楽しい。

 

 

シンプルで合理的。そんな素敵なアファメーション。

まじめ系カテゴリの最新記事