可能性のある喜び

可能性のある喜び

自分の中のテーマで「出来ない理由を考えるより出来る方法を考えよう」というのがあって、それに倣ってサイトのバナーに英語で表記してみました。(今はバナーを表示していません)

 

Don’t look for the reasons why you can’t do something ,look for ways to enable you to do it.

 

こちらは和訳すると「出来ない理由を探すな。可能にする方法を探せ」となります。英語が苦手な僕がgoogle先生の力を借りて翻訳してみたら如何せん微妙な英訳になってしまい、それが自然な表記かどうかもやはり如何せん解らないのでプロに依頼した所こんなにカッコイイ表現になりました。逆に和訳のニュアンスもまるでスポーツメーカーのキャッチコピーみたいでカッコイイです。ありがとうございました。プロってすげぇ。感動。

何か壁にぶつかった時や難問を前にした時、それを乗り越える事が不可能である理由を探す人っていますよね。気持ちは解らないでもないです。その方が楽なのも解ります。思考を完結できるから。

でも実は不可能な事なんて本当に極稀で、ましてや多くの状況に於いては可能性がそれ程低くないにも関わらず出来ない理由を探す。「○○だから出来ない」「それすると○○するから無理」…などなど。ネガティブな理由は考え出せばキリがなく、最終的には「しんどいから無理」にまで至る。理由があるから無理ではなく、無理の理由を探しているだけでしかないんですよね。

どうせ何かを考えるならば「どうすれば可能になるか」を考えた方が圧倒的に生産的で、もし結果的に無理だとしても可能にすべく考えた過程は同じようなケースは勿論の事、形を変えても先々の糧になります。成し遂げようとして考えた時間は絶対に無駄にならない。今僕は糧にならない可能性を全力で否定しましたが訂正せずここは全力でステイでいきます。全力ステイです。大丈夫これは矛盾にならない。絶対は絶対です。異論は認めません。そして

可能性がそれなりにあるにも関わらず、諦めがちな人の中に

 

 

宝くじを買ったりする人いるんですよね。

 

 

 

 

それ相当可能性低いよ?

 

 

 

勿論宝くじを買う事は一切否定しませんが、可能性・もしくは実現性で言えば相当確率は低いのにそこは積極的。そして実現していない状態で「もしも6億円手に入ったら…」とか無駄に資産計画まで打ち立てる。そんな人に「なぜ宝くじを買うのか?」と問うと概ね

 

 

 

 

 

 

買わな当たらん

 

 

 

 

とか言う。

 

 

 

 

 

なんやねん。

 

 

 

てなるやん。宝くじに罪はありません。宝くじにあるのは夢です。だから資産計画も立てるのでしょう。可能性があるから。限りなくゼロに近いと言っても過言ではない。しかしそこに僅かでも可能性が有り得るかも知れないと考えれるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

それと一緒やで。

 

 

 

 

確かに仕事などで何か1つ困った事が起きた際に諦めたい気持ちを堪えて可能性を追求しても、きっとリターンが6億円あるパターンは少ないでしょう。むしろあるなら早急にご教授願いたいぐらいです。

でもね 、可能性が低くてもどうにかなるかも知れないって考えれるなら、普段ももう少し考えてみようよ?可能性がある事の素晴らしさを知っているんでしょ?6億円を手に入れた時の資産計画を考えられるんでしょ?可能性についてもっと喜びましょうよ?可能性があるって本当に素晴らしい事だよ?その可能性を拡げる事が出来たら全く違う景色が見れるかも知れないよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって日本ダービーで単勝1.6倍の断然支持されたサートゥルナーリアが馬券外に飛んじゃうんだよ?

 

 

 

 

 

開設以来、現時点までブログの毎日更新が出来ていましたが明日は更新が無理そうです。だって忙しいし時間も無いんだもの。

長文カテゴリの最新記事