ラーメン食べに行ったらリオネル=メッシを彷彿させる店員さんがいてたの。

ラーメン食べに行ったらリオネル=メッシを彷彿させる店員さんがいてたの。

ラーメンが食べたくなったので某ラーメン屋さんに行きました。それなりの席数はあるものの待ち時間無しは滅多にない人気店と言えるお店です。

着席しオーダーを決めて店員さんを呼び注文をするのですが、こちらのお店は麺の種類と背脂の量を選べるので各々のラーメンに対しそれぞれ麺の種類と背脂の量を伝えていきます。サイドメニューで皆が食べたがっていた唐揚げ10個とチャーハンを1つ注文

以上でよろしいですか?」と言われ私が返答すると厨房に向かうアルバイトらしき店員の女の子。接客態度も問題なく、ここまでは特に気になる事はありませんでした。

数分後「お待たせしましたー!」と明るい声と笑顔でオーダーしたラーメンが運ばれてきて各々のラーメンが着丼

2つ明らかに違うものが運ばれてきました。「〇〇ラーメンをお待ちの方~?」と言われ挙手したラーメンとは全然違う種類のラーメン。言った名前と置かれた商品が違う。多少の違いならまだしも米で例えると白米と赤飯ぐらいの差なので見た目的にも一目瞭然。

こちらは複数人で来ているので皆に確認した所私の言い間違いでもなさそう。確実にオーダーミスとの結論に至ったので「すみません」と店員さんを呼ぶ

先程オーダーを聞いてくれた女の子にオーダーが間違えている事を伝えたものの訂正もスムーズに行かず少し不安な気持ちを抱えたまま待つ事数分。「お待たせしましたー」とラーメンが運ばれてきました

やはり違うラーメンが。

なぜや。

なぜこんな事になるんや。なかなか無くないですか。

オーダーミスもそれなりに確率は低いと思いますが重ねて失敗は相当すごくない?2回目も怪しいと思ったんよなぁー

「いやいやすみませんけど…」とこちらは全然悪くないのに何故か申し訳ないような気持ちになりながら再度説明をしようとすると、その不穏な空気に気付いた店長らしき人が来ました。そこはグッジョブ。その人に事情を説明。

どの流れでこうなっているか説明している最中に「お待たせしましたー」とテーブルにチャーハンが2つ置かれました

1つしか頼んでないのに2つきた。

その事に気付いたものの私は説明をしている最中だったので先ず説明を優先しようとしたら隣の若いカップルの席に「お待たせしましたー」と唐揚げが運ばれてました

その量たるや10個の唐揚げが。

カップル「えっ、頼んでないです(汗)」

せやろな。

それ多分俺らのやもん。

この辺でもう笑いそうになりましたが堪えて無事再オーダー。その次に運ばれてきたのは注文通りでした。

因みに1つ多かったチャーハンはこの間に無言で下げていきました、いやそこはなんか言お?いよいよ開き直って笑いに走ったのかと思うほど

やれやれ、みたいな気持ちでラーメンを啜りながら店内を何気に見渡していると店員が終始「変に」バタバタしている様子。単純な忙しさでは無さそうな

どうやら

私たちの所へ最初にオーダーを聞きに来た女の子がどうも致命的な間違いを繰り返している様子

違うテーブルからは「これ本当に大盛りですか?」といった割とセルフジャッジの厳しいブレイブな発言までされており、そこら中のテーブルが疑心暗鬼に陥っているような雰囲気。どこか殺伐。側から見る分には嫌いじゃない

勝手な推測ですが恐らく伝票の番号か何かがテーブルに対し1つずつズレてしまっているような単純なミスが起因してるんじゃないかと

そのミスを取り返す所に新たなミスが生まれそのミスからまたミスが…といったような負の連鎖。後手後手に回るテンプレ待ったなしの地獄のオペレーション

こちらのお店普段このような事はないのですが、こう言っちゃなんですけど「あの女の子」1人の行動に他のスタッフ全体が巻き込まれているような気配

でも女の子は決して不真面目とかの雰囲気は一切なく、一生懸命やってるものの焦りが出て裏目裏目に出ているように感じました。そういう時もあるよドンマイ。

しかし

この感じどこかで見たと

なんやっけな

あぁ、そうか

メッシや

あの子はリオネル=メッシや

メッシがペナルティエリア手前でフリーでボールを貰ってドリブルでエリア内に切れ込む、あの感じや

ただ他のスタッフは仲間ではなく相手DF陣の模様

あんなんエリア手前からフリーで持たせたらあかん

エリア内掻き回されてDF陣崩壊する未来予測はあまりにも容易。

大切なのはその場所でフリーで持たせない事

ラーメン屋に

リオネル=メッシがいた

ただそれだけの事

でもですね

あらゆる仕事でもこれは起こり得る事と思うんですよ

間違えた本人は悪い。でもミスする可能性は誰にだってあるという前提での周りのフォロー体制が悪かったんじゃないかと。今回のようなパターンならばあの子にそのリスク的な予兆はあったかと。ミスすると思わなかった、などと信頼を振りかざすのは言い訳でしかなく責任転嫁に他ならない

明日は我が身、とか思いながら身の引き締まる思いでお店を出ました

エリア手前でメッシをフリーにしたら、あかん。

くだらない話カテゴリの最新記事