明日は我が身と思う気持ちは重要だが明日になれば忘れる。

明日は我が身と思う気持ちは重要だが明日になれば忘れる。

仕事の昼休みにコンビニへ行ったんです。この行為自体は比較的よくある事で、いつものようにコンビニに入店しようとしたら目の前に見覚えのある女性がコンビニから出てきました。

 

 

私がそう気付くかどうかのタイミングで「あ!やまださん!」と声を掛けてくれました。

 

偶然ですねー。

お昼ごはんですかー?

お仕事(の忙しさ)どうですかー?

 

といった内容の久し振りに会った時特有の社交辞令の鑑のようなテンプレ会話を一通りして「それではまた」と挨拶してから入店しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきの、だれ?

 

 

 

間違いなく存じ上げているお顔でしたがそれ以外が全く思い出せない。しかも私の名前を呼んで声をかけてくれているだけに恐らくガチで知り合いと思われる。顔。顔はわかる。だが名前がさっぱり思い出せない。

 

 

尚且つ相手は私服なのでバックグラウンドのヒントも全く見えない。本当に顔以外さっぱり思い出せない。

 

 

このような記憶障害的な話は噂には聞いてたものの、記憶力だけが自慢の私がまさか陥る事になるとは露にも思っていなかった。もう私には何も残らなくなってしまった

 

 

そして未だにさっぱり思い出せない。会話的には上手く切り返したつもりですが、どなたかを認識できていなかった事は相手にバレていたかもしれない。失礼な発言が無かったか心配。いや覚えてない時点で失礼ですけども。

 

 

本当に申し訳ない事をしてしまいました。この場を借りてお詫びさせて頂きます。

 

 

 

でも誰に謝れば。